フリーランスの方必見!確定申告で最低限おさえておきたいこと

f:id:onetco1016:20160221115400j:image

今年も確定申告の時期になりました。
慌てて領収書や控除関係の書類を集めていらっしゃる方もいると思います。今回はフリーランスの方必見!】確定申告で最低限おさえておきたいことをご紹介します!



確定申告の書類をどうやってつくるか。

まず、確定申告のための【確定申告書】をどうやってつくるかです。税務署から毎年送られてくる書類を手書きして、提出している方もいらっしゃるかと思います。売上の合計が間違っていた、減価償却でいつもつまづく、難しいと感じている方は多いと思います。
ここでは、国税庁の確定申告コーナーを紹介します。

f:id:onetco1016:20160221171742j:image

このページではウェブ上で確定申告書類が作成できます。紙ベースと違い自動で合計金額などを計算してくれる上に、データを次年度以降も引き継げる点も魅力です。電子申告という電子データでの提出もできますが、カードリーダーが必要なため、フリーランスの方は、最後にデータを印刷して郵送や持参がおすすめです。

ここで注意ですが、【提出分の書類のみの郵送だと書類に受付印がもらえない】です。融資を受ける際などは、過去の税務署受領印のある確定申告書類の提出が必要になる場合があります。郵送の場合は返信用封筒と控えを一緒に送って返送を依頼しましょう。

作成が終わったら、作成したデータは来年に引き継げますので、保管しておきましょう。


所得金額はいくらか。 
確定申告書ができたら、所得金額を確認しましょう。税金がいくらかに目がいってしまい、意外と見逃しますが、融資を受ける際にはこの金額がいくらかが重要になります。一度、目を通しておきましょう。

所得金額は確定申告書の
f:id:onetco1016:20160221175655p:image
ここを確認しましょう。

税金も気になりますが、所得が低くて借入の利息が高かったり、金融機関から融資を受けられないとデメリットが大きいですので、注意が必要です。


小規模企業共済

税金の負担が大きいなあと感じている方は、この【小規模企業共済】がおすすめです。この共済制度は【掛け金が全額控除対象になる】点と条件を満たせば、【退職金としてお金が返ってくる】点が魅力的です。

f:id:onetco1016:20160221175444j:image


確定申告オススメサイト


国税庁 タックスアンサー

http://www.nta.go.jp/taxanswer/


SOHO必見!意外と知らない白色申告と青色申告の違い

http://crowdworks.jp/lp/mm/soho/articles/9668


クラウド確定申告ソフト 「freee」

https://www.freee.co.jp/features/kakuteishinkoku


いかがでしょうか?
煩雑な作業になりがちの確定申告を少しでもラクにできるよう工夫をしてみては?


広告を非表示にする