読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外と知らない!?印鑑にまつわる話。

f:id:onetco1016:20160223211051j:image

みなさんも日常の様々な場面で印鑑を押すと思います。実印やみとめ印、銀行印など、色々な種類のものがありますが、今回は意外としらない印鑑にまつわる話を書いていきたいと思います。


f:id:onetco1016:20160223210408p:image

実印
皆さんが持っている実印の中には、上下のしるしのないものがあると思います。これは押そうとしたときに、上下をあえてわかりにくくすることで契約を慎重にするという意味があります。また、文字の書体が複雑なものも同じような効果があるといえます。次の銀行印でも紹介しますが複雑な書体は偽造防止の役割も果たします。
そのほか、会社では丸印と角印の二つを利用すると思います。法人の実印は丸印を使用する場合が多いです。角印は公文書などでよく使用しますので、角印は実印とするのはセキュリティ上好ましくないですね。

銀行印
銀行印の多くは複雑な書体(篆書体など)が多く使われます。これは偽造を防止するためのものです。また、銀行印は横彫りのものが良いといわれています。理由は実印や他の印鑑などの縦彫りの印鑑と判別がつきやすいこと、それから横彫りだと上下に流れるお金を受け止められるという習わしからだそうです。

みとめ印
みとめ印も実印と同じように法律上、契約を交わしたとみなされるようですので、ぽんぽん押すのはよくないです。
一時期、銀行員は左に傾けて押すことで上司に頭を下げ、敬意を表しているといった記事がよく見られましたね。私の職場ではそういったことはありませんが、真っ直ぐ押すときはちゃんと書類に目を通している時な気がします。




いかがでしたか?
意外と知らない印鑑にまつわる話をお届けしました。印鑑をつくる機会があれば思い出してくださいね!