キラキラネームの考察。ランキングと画数の弊害


先日、我が家に新しい家族が加わりました。自分と血が繋がっている人間が生まれてくるのは誰にとっても感動的な場面の一つだと思います。

早速名前を決めようと、妻とああでもないこうでもないといいながら、命名のためのサイトをいくつかチェックしました。どのサイトも画数が細かく占われ、せっかく考えた名前もこの画数によって、「凶運」と判別されたりします。

また、これまでどんな名前が人気があったのか、ランキング形式で詳細にまとめてあります。人気のある名前はほかの子供達と名前が被ってしまい、避けたいと思うのが親心ではないでしょうか?


近年の子供の名付けについて、キラキラネームがニュースを賑わせました。読み方がわからない名前、暴走族の当て字のような名前など、本当にこんな名前つけるのかと思うような名前が話題になりました。

わたしはキラキラネームが名付けサイトの普及によって生み出されたのではと予想しています。なぜなら、ありふれた名前や漢字、運勢の悪い画数、こういったものが子供の名付けを必要以上に難しいものにしているからです。

最終的に悩んだあげく、親は名前の読み方、「音」ありきの名付けに傾倒していくでしょう。

どのサイトにも載っていない名前。そして、運勢が最高の画数を選んだ結果、キラキラネームが誕生したのではないでしょうか。世間では騒がれたキラキラネームも方向性は違えど、親が子供に苦労をかけさせたくないと思って一生懸命考えた末の名前かもしれません。

そして、画数についてはなんら科学的根拠のないものです。こういったものにこだわりすぎている現代がそもそもの原因だと思います。キラキラネームが話題になればなるほど、名付け親はますます悩み、今後も名付けサイトが重宝されるでしょう。

わたしはキラキラネームをつけることには賛成できませんが、こういった名付けサイトの普及や画数偏重の世の中の流れを1番に批判したいです。

皆さんの中で思うことがありましたら、コメントお待ちしております。また、面白かったらブックマークお願いします。

広告を非表示にする