読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミュ力のない客に商品を売れなければ、ロボットに仕事を奪われるという話。

ビジネス

f:id:onetco1016:20160621000839j:image

困った顧客とAIの進歩

仕事をしているとコミュニケーション力の低い顧客の応対をする時があると思う。そんなとき、「あの客はなにを言っているのかよくわからない。」とか、「無茶苦茶なことばかり言ってきて、話にならない」と思ったことはないだろうか。一方でコミュ力のない顧客となんなく会話をこなし、簡単に契約をとる同僚が周りにいると思う。

 
話は変わって、AIの技術がすごいスピードで進歩し、人の仕事がロボットに奪われるという話題が増えてきた。単純作業の仕事は特にこの話題の槍玉にあがり、営業マンや販売員はロボットに変わっていくといわれている。
 
しかし、ロボットに変わる営業マンや販売員の仕事は、顧客が適切なコミュニケーション能力を持っていることが前提の話だ。ロボット技術がいくら進歩したところで、訳のわからないことを言っている人間には対応できないだろう。
 

これからの営業マンと販売員

これから必要とされる営業マンや販売員は、こういったなにを言っている(なにを求めている)のかわからない顧客のニーズに応えることのできる人材となる。もしくは、ロボットたちを束ねて商品を売ることができる、マネジメント能力をもった人材だ。
 
それ以外は、アマゾンなどのビジネスに駆逐されていくだろう。なぜなら、顧客自身が自分の求めるものをわかっていれば、ネットで検索し、簡単に欲しいものが手に入る時代だからだ。
 

今から必要なのは外国語ではない

これからはグローバル化だ、といった時代はとっくに過ぎ去った。英語、中国語など様々な言語を習得した者が重宝された。しかしこれからは、正しい日本語を喋ることのできない日本人の日本語をいかに聞き取るかが大事な時代だ。でなければ、ロボットを操る側に立てる言葉(プログラミング言語)を習得するしか生き残る道はないかもしれない。