ウォーレン・バフェットについて

過去に著名投資家であるウォーレンバフェットにはまり、ネットで検索しまくっていました。とても面白い人なので紹介させて頂きます。

ウォーレンバフェットとは

ウォーレンバフェットはアメリカ人の投資家です。また、世界的な大富豪でもあり、フォーブスの長者番付2016ではビルゲイツに続き、二位となっています。自身が経営するコングロマリット(複合)企業のバークシャーハサウェイ社は、コカ・コーラ社やアメリカン・エキスプレス社などの大株主として有名な企業です。

ウォーレンバフェットの投資スタイル

ウォーレンバフェットは、バイアンドホールドの(株式を購入したら、長期的に保有する)投資スタイルを好みます。このバイアンドホールドと対極にあるのが、デイトレードスイングトレード(株式を購入したら、短期で売り払う)になります。
また、企業価値(ファンダメンタルズ)を重視した投資を貫いてきました。企業価値を重視して行う投資で代表的な投資法としては、バリュー投資などがあります。

バリュー投資

バリュー投資は企業価値に対し、株価が著しく低い時に株式を購入する投資方法です。バフェットが得意としたバリュー投資ですが、失敗してしまった投資もいくつかあったようです。

バークシャー・ハサウェイ社について

バークシャー・ハサウェイ社はもともと紡績会社です。その昔、バフェットはバークシャー社が企業価値に対し、著しく株価が低いことを発見しました。そして経営権を取得するほど、夢中になって投資を進めます。
しかし、バークシャー社の営む紡績産業は当時の斜陽産業だったため、著しく低い株価はそこそこに妥当な値付けだったようです。結果として、バークシャー社はみるみる企業価値を低下させ、投資は失敗に終わります。
困ったバフェットは、バークシャー社の残り少ない財産を使って、様々な企業に投資を始めることにしました。この投資が功を奏し、バークシャー社は現在のようなコングロマリット企業に変貌を遂げることになります。
現在も紡績会社であった「バークシャー・ハサウェイ」の名前を変更しないのは、自身が失敗したこの投資を忘れないようにするためだそうです。

最後に

バフェットがバークシャー社の株主に送る「株主への手紙」は企業経営や経済について、非常に思慮深い考察がなされています。最近はネットで和訳された「株主への手紙」を読む事もできます。おもしろいのでぜひ読んでみて下さい!

広告を非表示にする